笹島社会保険労務士事務所の考え
笹島社会保険労務士事務所の考え



ようこそ、社会保険労務士の笹島敏邦です。
弊所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

笹島社会保険労務士事務所の役割は、「企業の現実」と「法律の原則」のギャップを埋めることであると、考えています。

中小企業の労務管理には、「厳しい経営環境の中で企業を維持していかなければならない」という現実が立ちはだかります。この現実によって、大企業では当然に守られている「法律の原則」に、うまく対応できない「労務管理の現場」が形成されてしまうわけです。

ただ、「法律の原則」といっても、その全てが正しいというわけではありません。その原則自体が時代にマッチしない部分があるかもしれませんし、法律の原則にうまく対応できない「労務管理の現場」こそ、その時代を反映している部分があるのかもしれません。

笹島社会保険労務士事務所では、安直に「法律の原則」を押し付けるようなことはせず、「企業の現実」の中に潜んでいる労務リスクの大きさや緊急度合い、従業員のモチベーションへの影響などから優先順位を検討し、現実と原則のギャップを埋めていくための支援を丁寧に行なっていきます。

代表 笹島 敏邦

笹島社会保険労務士事務からのお知らせ
笹島社会保険労務士事務からのお知らせ

2015/04/03【月刊スタッフアドバイザー】連載企画 中小企業の非常識な労務管理 第18回〜第22回を執筆しました。
2013/10/26【月刊スタッフアドバイザー】連載企画 中小企業の非常識な労務管理 第13回〜第17回を執筆しました。
2013/05/20【月刊スタッフアドバイザー】連載企画 中小企業の非常識な労務管理 「最低賃金に関する非常識ランキング」を執筆しました。
2013/05/07【経理ウーマン】2013年5月号において、『最近よく耳にする「選択式401K」のことがわかるQ&A』について執筆しました。
2013/05/07【月刊スタッフアドバイザー】連載企画 中小企業の非常識な労務管理 「事務手続きの放置に関する非常識ランキング」を執筆しました。

>> 一覧へ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 今月は労働保険の年度更新手続や夏季賞与の準備があり、総務・人事担当者にとっては慌しい時期となります。そのため、スケジュールを立て余裕をもって準備を進めておきたいものですね。>> 本文へ

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   
 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、時間外労働の上限規制についてとり上げます。 >> 本文へ

旬の特集
旬の特集

   
 今回の旬の特集では、平成29年3月28日に政府から公表された「働き方改革実行計画」の概要についてとり上げましょう。>> 本文へ

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
時間外労働(残業)
一般的には所定労働時間を超えて労働する時間をいう。時間外労働には、労働基準法第32条で定める法定労働時間を超えて労働する時間外労働と、所定労働時間を超え、法定労働時間内で労働する時間外労働の2種類に分けて把握されることがある。前者を法定外労働、後者を所定外労働や法定内残業等と呼ぶことがある。

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

平成29年4月1日から、雇用保険の基本手当について受給期間延長の申請期限を変更します
基本手当の申請期間について、妊娠、出産等の理由により引き続き30日以上就職することができなくなった日の翌日から延長後の受給期間の最後まで、延長できるようになったことを案内するリーフレット
重要度:★★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2017年04月
nlb0174.pdf(127KB)